格ゲーは難しい。いや、それ勘違いです。

ども!もっちです。

「格ゲーは難しい」

よくフレーズですね。(笑)

僕も以前は同じことを思っていたので気持ちはよくわかります。

でも安心してください。それは勘違いなので。

今回は内容が長くなってしまいましたが、どういうことか解説していきますね。

なぜ格ゲーは難しいのか

まず”難しい”と一口に言っても色々な理由があると思います。

いくつか例を挙げてみますね。

  • コマンドがうまくできない。
  • コンボが繋がらない。
  • 対戦相手に勝てない。
  • 何をすればいいかわからない。
  • 覚えることが多すぎる。

5つあげましたが、どうでしょうか。
他にもまだまだあると思いますが共通して言えることがあります。

それは【できない(わからない)=難しいという事です。

これ、逆にすると【できる(わかる)=簡単(普通)になると思います。

普段の生活で普通にやっていることで「難しいな・・・」と感じることって何かありますか?

自転車の運転、ドアの開け閉め、コップの持ち方、何でもいいのですが、

例えば、

「あれ?今日、歯を磨くの難しいな・・・」

こんな日ってありますかね?(笑)

たまたま、利き手を怪我して~とか歯ブラシが10kgあるので~とか

誰も知らない特殊な技法で歯を磨いているとかでない限りまずありえないと思うんですよ。

歯磨きなんて普通に考えれば簡単ですよね?

何故なら意識しなくてもできるからです。

ですが、いきなり一度も経験のない物事をやることになったらどうでしょうか。

例えば、楽器の演奏、逆立ち、プログラミング、お菓子作り、なんでもいいのですが、

慣れていなければ当然、難しいと思います。

中には簡単にできることもあると思いますが苦手な事なら難しく感じると思います。

つまり、始めたばかりでは無意識にできないので難しいという事なんです。

ごくごく当たり前のことですよね。

これは格ゲーにも当然、当てはまります。

なので世の中の、「格ゲーは難しい」という発言は単純にやり慣れていない

というだけだったりします。

冒頭の5つを反対にしてみたらどうでしょうか。

  • コマンドがうまくできる。
  • コンボが繋がる。
  • 対戦相手に勝てる。
  • 何をすればいいかわかる。
  • 覚えることが少ない。

なんか簡単そうに見えてきませんか?

結局は一つずつ覚えていけばいいので、難しいというのは幻想です。

正確に言うなら「格ゲーは(内容にもよるが)うまくできるまで時間が掛かる」です。

一つずつ取り組んでいけば自然とできるようになっていくので、

もしあなたが「格ゲーに興味はあるけど難しいから・・・」と思って迷っていたら、

ぜひ一歩踏み出して挑戦してほしいと思います!

難しいと感じる時に注意すること

格ゲーが特別、難しいわけではない、という事を書いていったのですが、

それでもやはりできないことできるようにするのは大変ですよね。

僕も「難しいなぁー」と感じることは良くあります。

ただ、あまりにも難しいとばかり感じていると挫折の原因になりかねないので、

いくつか僕がしている考え方を書いておこうと思います。

よかったら参考にしてくださいね。

  • 今はまだ楽にできないだけ
  • 人と比べない
  • 焦らない
  • ハードルを思いっきり下げる
  • 一週間で1つ

この5つですね。

では、順番にいきます。

今はまだ楽にできないだけ

難しい全然できない要素にぶつかった時に「今はまだ楽にできないだけ」という風に考えています。

実際にできるようになった要素に関しては簡単というよりは当たり前にできるようになってしまって「難しい」という感覚が全くないです。

実際に僕が格ゲーを始めた時は波動拳コマンドすら安定しませんでしたが

今では目隠しをしても100%出せますし、技を出したいときに勝手に指が動きます。

「指がこういう風に動いてこのタイミングでボタンを・・・」という感覚はゼロです。

なので繰り返し挑戦しているといずれできるようになるので難しいという感覚にフォーカスしすぎないことが大切です。

できるようになるまでは気楽に挑戦し続けて欲しいと思います!

人と比べない

格ゲーは対戦ゲームなのですが、人と比べない方が良いと思います。

とは言っても強さなどは自然と比較対象になってしまうとは思いますが、

ここで言いたいのは、強さの部分ではなく、”自分ができるようになる速度のことです。

格ゲーの上達速度という方がわかりやすいと思います。

この上達速度は人によって全然違うので、比較してもいいことがありません。

むしろ、一緒に始めた人や周りの人達より遅かった場合に比べてしまうと心理的に辛いです。

最悪、挫折コースまであるので自分のペースを認識して大切にしてあげてください。

焦らない

僕が普段、言いまくっていますが、焦らなくていいです

中々うまくいかないからと言って、覚えることを増やしたり時間を増やしたりするのはオススメしません。

余計にできないことに手を出すので負荷が大きくなって空回りすることが多いです。

僕の周りにもこのパターンで挫折した人が結構いるんですよ。(泣)

なので自分のペースを見つけて一つずつできるようにしていくという方が確実でオススメです。

ハードルを思いっきり下げる

今取り組んでいる事が難しいという場合は、一度ハードルを下げてしまいましょう!

それも、思いっきり下げた方が良いです。

例えば、必殺技が全然出せない場合なら

  1. コマンド入力だけ正確にゆっくり入れて指に動きを覚えさせる。
    (技はでなくてもいい)
  2. それができるようになったらコマンド入力速度を上げてみる。
  3. 攻撃ボタンの押すタイミングを覚える。(技を出す)
  4. タイミングやコツをつかんできたら一連の動きを繰り返して安定させる。
    (無意識化させる)

一例ですが、このように自分に合わせたステップで覚えてくと”難しい”と感じることは少なくなっていくと思います。

順番を入れ替えたりもっと簡単な段階から始めてもいいので、とにかくハードルを思いっきり下げるのはオススメです。

一週間で1つ

最後ですね。

これはどういうことかというと、一週間で1つの事を覚えるくらいのつもりでやりましょう!という意味です。

もっと簡単に言うと、気楽に気長にやりましょうよ。って事ですね。(笑)

いま難しいと感じている要素を一日で克服しようとしない方が良いです。

結構、挫折しやすいので。

一日でできるようになりたい気持ちはわかります。

僕も昔は同じだったので。(汗)

でも一日で習得するのってしんどいですし、内容や今の能力によっては不可能なこともあるので、

”日を分けて覚える”という感覚を身に着けてしまった方が結果的に簡単になると思います。

僕自身の話になりますが、

昔あるコンボが一日でどうしてもできなくて諦めたことがありました。

しばらくしてから、どうしてもできるようになりたいと思い、日を分けて覚えるという風に取り組み方を変えていったらなんとかクリアすることができました。

当時は、このコンボは絶対にできる訳ない。と思っていたのですが、

できた時はなんだかあっけなかったですね。

「あーできちゃったんだー」みたいな。

今では多分できませんが・・・

ちなみに三日坊主にならなくなっていったのもこの時期辺りからです。

なので一日一つとは言わないので少し長い目で自分を見てあげると焦らずに楽しくプレイできると思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。

難しい”というのが勘違いだったと気が付くことができたでしょうか。

かなり長くなってしまいましたが実はまだまだかけていないことがあります。(泣)

格ゲーに対して気楽なイメージを持っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
テスト01
テスト01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスト01