こんな練習方法はヤバい!危険な反復練習をしていませんか?

ども!もっちです。

今回は”危険な反復練習”について書いていきます。

「練習」といえば反復練習が基本になってくると思いますが、

反復練習のやり方が良くない場合は悪影響が出てしまいます。

僕もいくつか経験していて、プレーに影響が出ただけではなく、

体に異常が出てしまった事があります。

もし、危険な反復練習に当てはまっていたら一度取り組み方を見直すのをオススメします!

ヤバい練習方法

というわけで早速、危険な反復練習の方法を挙げていきます。

  • ミスの反復
  • 限界を超えた反復
  • 毎日同じ反復
  • 盲目的な反復

この4つです。

順番に解説していきますね。

ミスの反復

文字通り、ミスを反復している練習ですね。

特に難易度の高すぎる練習をしているとこのパターンに陥りやすいです。

あたりまえですが、ミスをいくら繰り返しても絶対にできるようになりません。

逆に「ミスが身につく練習」になってしまうので当てはまる場合は、すぐにやり方を見直しましょう!

これと似た方法に「間違った反復」をしている場合も同じような結果になってしまうので、

反復練習をする際は、反復前に十分に確認や研究をしてからした方が良いです。

限界を超えた反復

「限界を超えた状態」というのはゲシュタルト崩壊を引き起こしている状態のことです。

ゲシュタルト崩壊については詳しく説明しませんが、

簡単に言うと「同じことの繰り返しに脳が耐えられない状態」になってしまうという事です。

具体的な例を挙げると、

「上手くいっていたのに、ずっとやってたら上手くいかなくなってきた」

という経験はありませんか?

特に長時間同じ反復をしていると結構な確率で起こります。

僕も「コンボを早く習得したい!」と思って長時間反復した時になりました。

最悪なのはその状態でさらに続けてしまったのですが、当然オススメはしません!

これに当てはまる場合は、限界の前、もしくは限界を感じたら休憩をとるのが良いです。

僕流ですが、先に時間を決めてあとはひたすら集中するという手もありますね。

その時はスマホやキッチンタイマーなどでアラームを設定しておくと止めやすいのでオススメですよ!(笑)

毎日同じ反復

一見良いように思うかもしれませんが毎日同じ反復は体に影響が出るかもしれません。

万人に当てはまるかはわからないのですが、僕は顔に影響が出たことがあるのでオススメはできないですね。(汗)

毎日同じ反復をやめてからは顔への影響もなくなったので不思議なものです。(笑)

恐らく、飽きているのに無理やり根性で続けたのが良くなかったんだと思います。

どうしても同じ内容の反復をを続けたいなら、

たまに練習の順番を変えたりして何らかの変化を加えるのが良いと思います。

盲目的な反復

あなたにとって意味のない反復をしていたらやめた方が良いですよ。ということです。

いま取り組んでいる練習で、意味が分からない練習は、無理に反復する必要はないです。

それよりも、いまのあなたに必要な練習を重点的に反復する方が効果が高いですし、充実感も高いはずです。

意外とこのパターンは多いのですが、

ネットや人に教えてもらった練習方法を「ただ反復している」というのは意味が無いです。

できれば、そういった練習には自分なりに解釈や意味を見出しながら反復した方が良いですね。

それができるようになると自然と練習方法がわかってくるので、そういう意味でも「ただ反復」はオススメしません。

おわりに

「危険な反復練習」と大げさな書き方になってしまいましたが、いかがでしょうか。

上達を考えた時に反復練習は欠かせない存在ですが、

よくない反復練習で身に付けてしまうと後から消せないので闇雲に反復するのは非常に危険です。

厳密には身に付けたことを上書きすることは可能ですが、やはり時間も労力も多く掛かることになってしまいます。

もし、今回の反復方法に当てはまる場合は練習方法を見直してみて欲しいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
テスト01
テスト01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスト01