格ゲーのイライラとの向き合い方

ども!もっちです。

格ゲーをしているとイライラする事ってありますよね。

僕も昔は結構イライラしていた方です・・・(笑)

今でもたまにイラッときたりしますが。。。

たまにですよ!

この記事ではイライラへの向き合い方を考えていこうと思います。

僕が普段やっているゲームを始める前のイライラ対策

イライラした時の対処法を書いたので参考になるといいのですが・・・

では本題へ。

イライラの原因

では、まず原因から考えていきます。

格ゲーなら連敗、コンボが繋がらない、相手の戦法が気に入らない、煽りがうざいetc・・・

このように具体的なイライラの原因を上げていくとキリがないので、もっと根本的な部分を考えてみます。

総じて言えるのが、思い通りにならないという事です。

格ゲーといってもゲームですから思い通りにやりたいわけですよ。

でも、何かが原因で思い通りにいかない。

となると、この原因を取り除くしかイライラをなくすことはできないんですよね。

イライラ対策

「思い通りにならない」のが原因という事で話を進めていますが、

どうしても格ゲーの性質上、最初の方は思い通りになることは少ないです。

なのでイライラする前にやっておける対策を紹介しますね。

  • リラックスしている時だけやる
  • 時間や試合数を決めておく
  • 自分より強い人と戦わない

この3つです。

順番に解説します。

リラックスしている時だけやる

イラつきやすい時は大抵、疲れている時や気を張り詰めている時だと思います。

なので「気持ちに余裕があったり、気持ちが楽な時だけ格ゲーをプレイする」という風にするだけでも変ってきます。

勝負の世界なので真剣な気持ちは大切なのですが、

入り込みすぎるとちょっとしたことでイラつきスイッチが入りやすいので、僕は気楽な感覚でのプレイをオススメします。

もう一つ心に留めておくと良いことがあって、「勝ち負けに執着しない」という事です。

ぶっちゃけ、負けても「再戦」押すだけでまた戦えるのでそこまで気にしなくてもいいと思うんですよ。

確かに「負け」がひとつ増えるのですが、それが人生に悪影響を及ぼすほどではないと思うので短期的な勝ち負けに一喜一憂していても疲れてしまうだけだと思います。

負けが込むなら「今日はこんなもんか」くらいの評価でスルーしてしまうのが良いと思います。

もし、ゲーセンでやってる場合なら必死になるのもわかるのですが、

イライラの原因を自分から作る必要はないので、

余程の理由がない限り家庭用で腕を上げてからゲーセン通いをする方がいと思います。

時間や試合数を決めておく

思い通りにならない期間が長いほどイライラは出てきやすくなってくるので、プレイ前に時間や試合数を決めてしまうと良いです。

実際に僕もやっていますが、高い集中状態も維持できるのでかなりオススメです。

もちろん決めた数より速めに切り上げても何の問題もないので自由に決めていいです。

ただ、最初のうちは小さい数で試してみると良いと思います。

例えば、

「ランクマッチ5試合だけやろう」

「苦手なコンボ練習を5分だけやってみる」

というような感じで。

調子が良ければまた数を決めてやってもいいですし、

そこまでで終わりにしてもいいと思います。

プレイにメリハリがつくのでイライラが起きる可能性が低くなるのでオススメの対策です。

ぜひ試してみてください!

自分より強い人と戦わない

これは対戦で連敗などの理由でイライラしてしまう場合の対策になりますが、

「対戦相手をしっかり選ぶ」ということです。

格ゲーの勝ち負けに関しては相手と戦ってみないとわからないので、あまりにも連敗が続くようなら素直に別の人を探した方が絶対にいいです。

目的がある場合は別ですが、対戦を楽しむという事がメインなら同じ強さの人を探すことに時間をかけた方が良いと思います。

これだけで連敗のイライラは起きないので、やってみてください。

イライラした時の対処法

さて、ここまでは対策について紹介してきました。

しかし、何かの拍子でイライラしてしまうことはあると思います。

なので今度は対処法について書いていきますね。

僕が実際にやっている事で簡単なので、ぜひ試してみてください。

対処法はこんな感じです。

  • ゲームを終了する
  • 休憩する

2つですね。

では順番に。

ゲームを終了する

はい。そのままです。(笑)

イライラしたらゲームを終了してしまいましょう!

イライラしていると視野が狭くなるので、

それ以上ゲームを続けても大した成果に結びつかないんですよ。

余計にイライラが強くなる可能性もあるので、

もしプレイ中にイライラしてしまったらスパッとゲームをやめるのが一番いいと思います。

次にプレイする時にイライラを引きずらない事も大切です。

休憩する

これも「ゲーム終了」と似ているのですが、

こちらはゲームはそのままでもいいので休憩を挟みましょう。

イラつくけど、どうしても続けたい時はこちらのパターンを使うと良いと思いますよ。

休憩の仕方は今やっているゲーム以外のことなら何でもいいので他のことをして一呼吸を置きましょう。

気持ちが落ち着いた頃がゲームに戻る頃合いなので、それまでは休憩をうまく利用しましょう!

おわりに

いかがでしょうか。

イライラ格ゲーだけではないですがやはり起きますよね。

イライラする感情は悪いものだとは思っていませんが、コントロールできるに越したことはないです。

なのでゲームを通してでもイライラと向き合えるようになると実生活でもなにか変化が起きるのではと思います。

もちろんずっと楽しめればいいのですが難しいですよね。

気になった方法からでいいので是非、試してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
テスト01
テスト01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスト01