格ゲーも結局は継続するほど上手くなる

ども!もっちです。

物事を上手くこなせるようになるには継続が大切だとよく言われていますが、実は格ゲーにも当てはまります。

「たかがゲームじゃん」と感じるかもしれませんが、歴が長い人ほどやっぱり上手いです。

僕も元々は三日坊主だったので物事を継続するのが苦手でした。
というより継続の感覚がそもそも無かったです・・・

そんな僕が実際にやっている継続するコツを書いていこうと思います。

もちろん格ゲー以外でも使える内容になっているので、いまあなたが他にやっていることに応用してもいいと思いますよ!

継続できない理由

というわけで、継続ができない理由を考えていきます。

僕が三日坊主だった頃を思い出すと結構やらかしていたのでいくつか挙げてみます。

  • 一日で何とかしようとする
  • できない部分しか見ない
  • 続かなかった時に自分を責める

この3つです。

では順番に。

一日で何とかしようとする

個人的にはコレが一番問題だったと思っています。

というのも、なぜ継続するかといえば、

「短期間で欲しい結果を得るのが難しいから」だと思います。

この感覚が当時は全くなかったので、その場で何とかするというような取り組み方でした。

案外これでうまくいってしまう事もあるにはあるのですが、

圧倒的な成果が欲しい時や難しい事に挑戦する時は継続する取り組み方の方が向いています。

一日でなんとかしたい時の考え方としては、

結果がすぐに欲しかったり、何らかの理由で焦っているという場合が多いかと思います。

できない部分しか見ない

これは言い換えると「結果を客観的に捉え切れていない」という事です。

結構やってしまいがちなのが、

できるようになった部分は過小評価でスルー気味、

課題やできない部分は徹底的にアラ探しのパターンですね。

なぜだか、できるようになった部分を素直に認めないんですよね。

これを続けると上達していく感覚はほとんど無いので結果的にモチベーションが下がります

当然そのまま挫折コースなんですよ。

続かなかった時に自分を責める

継続と言っても、何かの都合でできないことは普通にありえますよね。

そんな時にやってしまいがちなのがこれですね。

例えば、

いつも決まった時間にやっていた事があって、たまたま急用ができた時に、

「あー今日はアレできなかったなー、俺、続かないな・・・

他は気分が乗らない時だってあると思います。

「またサボっちゃったな、やっぱ続かないかー

こんな感じありませんか?

僕は結構やってました・・・

次は解決方法について書いていきます。

継続するための解決策

さて、原因を三つにまとめてみましたが、今度はその対策方法を書いていこうと思います。

ちなみにこんな感じ。

  • 全く逆に考える
  • 記録する
  • 一ミリも気にしない

では順番に行きます!

全く逆に考える

これは一日で何とかしようとする考え方が結果がすぐに欲しい、焦っている場合に使えるのですが、意味を逆にしてしまおう!と言うわけです。

どういう事かというと、

  • 結果がすぐに欲しい→結果をすぐに求めない
  • 焦り→ゆっくりもいいかと考える

こんな感じですね。

別の言い方なら二つの感覚を手放すだけです。

これだけで継続のコツは半分掴んだも同然だと思います。

望む成果はすぐに出ないことが多いので気長に取り組む方が精神的に楽です。

早く!早く!と結果ばかりに目が行くのは、できない期間が長いとかなりキツイです。

なので「どうせ結果が出るの遅いから気楽にやるか」くらいで良いと思います。

焦りに関しては色々な原因があるので一概に言い切れないのですが、

焦る原因を取り除けるなら先に取り除いてしまうのが一番簡単だと思います。

どちらにも言えるのは少し長い目線で取り組む方が良いという事です。

格ゲーで例を出すと、

  • 一日でコンボできない!→「一週間で覚えられればいいか」
  • このキャラ動かすの難しい→「一か月くらいやれば慣れそう」

こんな感じで良いと思います。

日数はあなたに合わせた長さで決めた方が良いですよ。

あくまでも一例なので。

記録する

これはやったこと、できたことを記録するだけです。

なぜ記録するかというと、後で記録を見返した時にあなたがどれだけやってきたかが一発でわかるからです。

他にも数日かけて上達がわかるので一日で解決するクセや焦りからも解放されやすいと思います。

注意点しては、できたこと、やったことだけを記録する。という事です。

できないことや、できなかったことは一緒に記録しない方が良いです。

そういった課題などを記録したい場合は、別で分けましょう。

記録の方法は自由です。

スマホのメモ。

ノート。

個人的には紙のノートがオススメですね。

データが消えた!なんてことはないですし。

記録の仕方も特に難しいことはないです。

僕の記録項目は、たったこれだけです。

  • できたこと、やったこと、休み
  • 時間(無くてもいい)
  • 日付、日数
  • 感想、気づいたこと(無くてもいい)

この記録も継続と一緒で、無理に続けなくていいです。

気楽にサッと記録する方が良いです。

最初の方はめんどくさかったりしますから思い出したときに記録すれば問題ないです。

実際にはこんな感じで書いています。

一日目 はどう 5分 

二日目 はどう 5分 昨日よりは安定していた?

三日目 休み

丁寧に書く必要もないので簡単だと思います。

一回の記録に1分もかからないので。

ぜひお試しください!

一ミリも気にしない

最後ですね。

これは、継続できない日、できなかった日に対して何も思わなくていいという事です。

そもそも継続にはなんの強制力もないので、

できなくても自分を責める必要性は全くないんですよ。

その日、できなくても記録しているなら”休み”と書いて終わりです。(笑)

その日に何をしてても全く気にしなくていいです。

大切なのは次にどうするかというだけなので、やらないと決めたらそれ以上は考えなくていいです。

その方がなぜだか継続できたりします。(笑)

おわりに

継続について色々と書いてみました。

僕が実際にやっている”とっつきやすい事”からピックアップしたのですがどうでしょうか。

「なんか継続は苦手」という場合はどれか一つでも試していただけたらと思います。

焦らず、一つずつ進んで行きましょうね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
テスト01
テスト01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスト01